UTokyo bicycle racing team

パワマ整備の記録

練習はしてないけど、今後のパワマ整備のために共有しておくべきだと思ったので書きます。

11/11
パワマのチェーン交換の予定だったけど、チェーンをコンビニで受け取り忘れたので着いてたチェーンを外すところまで。
まずはパワマの外装カバーの外し方について。右半分(チェーンリング側)はネジを外すだけで外装カバーを外すことができる(クランクの伸びる向きに合わせてカバーを動かすというコツが必要だけど)。一方左半分はネジを外すだけではクランクと干渉してしまうのでカバーは外せない(少なくとも自分には外せなかった)。左側カバーに関してはチェーン交換等だけなら外す必要は無い。ただ、もし外したいならクランクを一度外す必要があると思われる。加えて、外装カバーを止めるネジが不足しているので、カバーの固定のために同じサイズのネジを買った方が良いように思う。
汚れに関して、埃と錆びとグリス(?)と汗(?)とが融合した新しいタイプの汚れ(以後茶色い埃と呼称する)を経験した。特にパワマ前方は恐らく汗が落ちやすいところなので、錆びや茶色い埃がひどかった。茶色い埃は適当に取り除いておいた。カセットやBB周りなどグリスが必要そうな部分は掃除した後にグリスアップしておいた。
また、パワマの底には錆びた金属が風化して落下したような茶色い粉末が大量に落ちていてわりと酷かった。
以前からシートポストの上げ下げが異常に固くなっていて、特にシートポスト上げるのは一苦労だった。この不具合について見てみたところ、どうやらシートポストとシートポストを押さえる部品との間に茶色い埃がたまっていて、掃除したらましになったのでそれが大きな原因のように思えた。加えてシートポスト周辺の可動部に油を差したところ、上げ下げはだいぶましになった。ただし、シートポスト本体はロード同様に体重を支える重要な箇所なので、(恐らく)油を差すべきではない。

11/12
引き続きパワマ整備。掃除とチェーン交換。
シートポストの錆びを落とすため、コンパウンドで磨いた。だいぶ上げ下げの動作がスムーズにできるようになった。パワマのシートポスト周辺整備した時は、しっかり固定出来ているかどうかの確認もした方が良い。
元々この整備はチェーン落ちを発端としてチェーンがかなり緩いことが明確になり始まったものだった。そこでチェーン交換は一番肝心な工程だった。パワマのチェーンはシングル用のものを買えばいい。1/2×1/8(ピッチ×幅)を買えば大丈夫だ。
新品のチェーンと古いチェーンを比較してみたところ、意外なことにチェーンの伸びはほとんど見られなかった。厚歯は強いのだろうか。ただだいぶ錆びが入っていて、正直可哀想な状態だった。チェーンが伸びていなかったということは元々のチェーンの張りが緩かったということである。パワマのチェーンの張りはパワマ前方部のナットとチェーン引きで調整ができる。もちろん左右両側ある。適当な大きさのスパナが必要なだけだ。この時点で右の外装カバーは外していたので、右側のナットとチェーン引きに関しては簡単に調整が可能だった。ただ左側外装カバーは前述のようにクランクを外さないと外せない。しかし、幸いにも前方のナットとチェーン引きについては、外装カバーの隙間からなんとか調整できる位置にあった。若干渋いものの、十分に薄いスパナを使ってなんとかチェーンの張りを調整できた。最後に適当に注油した。
なお外装カバーの取り付けには多少コツが必要で、一辺にきっちりはめるのは難しい。ちょっとずつずらしながら頑張るしかない。左右外装カバーの隙間は若干ながら空いてしまう。この隙間は、汗が内部に浸透しないようにガムテープなりでしっかり止めるべきだ。ただ今回はガムテープが手元になかったのでできなかった。いつか塞いでおきたいと思う。

今後やるべき整備をまとめておくと、
・パワマ底の掃除
・外装カバーを止めるネジの追加
・外装カバー間の隙間をガムテープで止める
となる。

最後に今後の調整頻度についてだが、月1回程度で右側の外装カバーを外してチェーン清掃するだけでもチェーンの錆びなどだいぶ違ってくると思う。長く持たせるためにも、適度に調整していくべきである。