UTokyo bicycle racing team

インカレトラック

10/11 全日本大学自転車競技大会 オムニアム(トラック)

先月の個人トラックの時点では全くトラックレースに対応できるコンディションではなかったが、1ヶ月間練習を組み立ててなんとかそれらしい状態(主にスプリント力)に持っていけて臨めた。去年までは選手権クラスのレースでギア比51-14を回していたが、ぶっちゃけそれでは歯が立たないことはわかっていたので、(踏めるかは置いといて)52-14で挑んだ。

・スクラッチ 17位
ラスト10周くらいまではあまり考えず、足を使わないように周回をこなした。久しぶりのレースだったからか、集団全体として落ち着かない状態が続いていて落車に巻き込まれないように注意を払う必要はあった。残り3周までのポジションで大体順位が決まってしまうことはわかっていたが、スプリントレーンに押し込まれる位置にいてしまったため、マークしてた選手が多い塊に入れ込めず最終周回で捲られてしまった。スプリントレーンで先頭に出た際に最終周回まで突っ張ったり、もっと早くマークを強めておけば良かったが、頭では分かっているものの行動に移すことができなかった。
・テンポレース 20位くらい
とても点を取れる気はしなかったので、最終着順狙い。周回のペースはスクラッチと比べてはるかに速くキツかったが、余裕がある状態で残り5周くらいに入った。逃げていた選手もいたからか、ここら辺から周回表示が無くなって混乱した。監督が内バンから残りの周回数を教えてくださり、ラストもがいて良い位置でゴールできたと思った。ただ実際はもう1周あったらしくて、完全に出遅れてしまった。10人近くがポイントを取れていたこともあり、かなり順位が下がってしまった。
エリミネーション 20位
少し集団の後方待機してから、先頭に出て粘り続けることを目標にした。ただ想定以上に集団のペースが早い状態が続き、前に出るタイミングが掴めなかった。キツかったからか、位置を下げた有力選手の動きに合わせて前に出るという考えにも至らなかった。最後は足が無くなりそうだった&放送があまりよく聞こえておらず、自分が降りる必要がないタイミングで降りてしまった。
・ポイントレース DNF
順位を上げるには逃げに乗るしかなかった。容認されそうなメンバー(同じく順位が低い)の逃げに乗ることを目標に。最初の10周くらいで出来そうだったので動いたが、タイミングが遅すぎて一人でかなりの時間走ってしまった挙げ句逃げにも乗れなかった。集団に戻るも周回が高速で、先頭交代に何度も失敗。後ろで無駄にもがいて足が無くなった。

最後のトラックレースがこのような形で終わってしまったことは非常に悔しいが、フィジカルについてはこれが過去最高の状態だった。今まで51 -14でかなりキツかったが、52-14でレースに挑めたし苦にも感じなかったことからコンディションは前年以上に良かった。あとは走り方だとか、要所要所の走行技術だとか、周囲を把握する力だとか。そこら辺に関してはずっと自分の中の課題であったが結局解決できずに終わってしまった。何よりポイントレースでの付きミスは昨年では到底考えられないミスで、今までできていたことができない自分に対して呆れてしまっている。

思い返せば二年の前半でなんとかB基準を切ってクラス2のポイントレースにできるだけ多く出場するようにはしていたが、結局選手権クラスで成績を残せる人はクラス2の上位、もしくはクラス1選手であるので、より高い目標、志を持って三年のレースを走っておかなければならなかった。ポイントレースを走ること自体は好きだったけれど、ポイントの取り方のバリエーションなどの模索は十分でなかった。東大の選手は基本的には経験者ではないからこそ、一つ一つのレースでほかの選手よりも多くの知見を得ることが肝要なので、後輩たちにはまず早く基準を切って出場するレース数を増やしてほしい。

海老原と井上さん、サポートに来ていただきありがとうございました。またレース前後で数多くアドバイスをくださった監督、ありがとうございました。
金子さん、大西さん、白石さん、大島さん、他のOBの方々、東大が出場していない1日目も含め役員を務めていただきありがとうございました。

近いうちにロードのレポートもアップします。

加須TT

10/18 加須TT 18:27:38

 

訳あって2ヶ月ほど全く自転車に乗れない期間が生じ、練習期間約2週間でのチャレンジとなった。結果は惨敗。

TTバイクだと進路が通常のバイクと比べてかなりふらついてしまうのと、うまく体重を使えておらずパワーの落ち幅も大きい。体重が肘のほうに乗っかってしまっている気がする。腹圧で上体を支えてあげられると少しは良くなるか。

まずは練習して早く以前の自分を上回らなければならない。自分が最も苦手とする2~5分の領域の落ちが特に著しいので、重点的に練習しようと思う。

ご指導くださった監督、大会運営の皆様、ありがとうございました。

 

免許合宿

抽選に落ちまくったせいで、なんか監獄みたいな所に入れられそう。ランニングぐらいできないかな。

10/26筋トレ
自重。回数増やせば疲労感は出るけどどうなんしょ?御殿下は遠いし講習会埋まりっぱなし。駒場第二体育館は授業以外使用禁止。近所にジムないし…

10/27ローラー1h上げて保って上げるやつ
いつもと変えてレストでもギアかけてケイデンス落とす。負荷的に実走に近くなる気がする。ローラーは上死点が滑らか過ぎる。実走では上死点でガっとトルクがかかる。ペダリングが下手なのか?楕円ギアが合うのかも??そういえば自分は足関節が動き過ぎだな。

10/28sk練
実走、そんなガッとならなくね? 体感LTちょい上でのったり8m数本。KOMは6m切ってる。格が違う。

10/29ローラーsst1h
パワメ欲しい

最近忘れかけてたけど今年度の目標は8m以下の強化

ピーターパン症候群

10/20 蓮光寺 v坂

連光寺は以前より少し突っ込んでいったら4分切りが見えて来た。年内に切れるようにしたい。あと、久しぶりに(初めて?)心拍数が200超えたので相当追い込めた。

 

10/22 ノンストップで踏み続ける練習

数分おきにかなり踏む。

 

10/24 中中ソリア1分

ペース走中の坂でかかった時に踏めないのをどうにかしたい。

 

10/25 中小小ソリア1分

小周回の三増峠で6-7分パワーを更新した。メニューは疲労がきていて全然ダメだった。

 

 

こんなぶぶ漬けは嫌だ

巨大なスーパーボールが入った茶碗を渡され、ボールを取り出して裏を見ると「帰れ」と書いてある。

 

10/24

三増中2

1:23:23, 275w, 178w

1:09:09, 285w, 203w

2分坂5

1:33 540w

1:38 491w

1:44 460w

1:45 458w

0:50  509w

 

まずは500wで踏み抜いてやりたい

 

10/25

三増中2

1:06:06, 297w, 221w

1:07:31, 259w, 203w

2分坂5

1:31 542w

1:54 420w

0:50 608w

0:53 596w

0:51 605w

 

NP見れば2周目踏んでないのがバレバレ。1年につきいちして千切られることの虚しさたるや。

メニューが全員雑魚すぎるので一生登っててもらうことになりそうである。

 

10/24m練ハーフ
タスク消化のため全体練をお休み。これでまだALESSと実験が本格的に始まってないのだから恐怖。
全然ダメだと思ってたら結構踏めてたらしい。追加で10分弱テンポで登るのを何度も。


10/25全体練
過去一きつかったのにのろかった。なんかずっと脳みそがフラフラする感じ。蕁麻疹の薬のせいか?切れてからサイクリングペースで回復を図るも全くダメで、ケツが爆発しそうだった。弱体化してる。今週も朝練をやろう。

成長

10/22
駒場で丼と会った。大学で会って話せる人がいるって嬉しい。片道14kmの通学がじわじわつらい。

10/24
2週間ぶりの三増。ペース走は相変わらず調子いいが、ソリアになると全然出ない。脚を使った後の高強度が弱い。
先週のTTでDHバーの高さが微妙だったので、ハンドルを下げるためにスペーサーを注文した。TTポジションの決め方がよくわからん。

10/25
昨日の疲労で全然踏めない、と思っていたら1周目の後半から復活。2日目にしては良い感じで回れる。川沿いの2段になってる坂で下から全開で踏み倒すというのを最近やってるが、これで脚がない人が切れてくれるので楽しい。きつすぎてソリアは絶対無理だと思ったけど昨日よりはマシで、そこそこ追い込めた。出し尽くしてもう自走で帰るの無理やーと思ったらなぜかガンガン踏めて尾根幹爆速帰宅。体力がついてきたのかもしれない。