UTokyo bicycle racing team

個人ロード:11/20周 DNF
目標は完走。先週の週末練から疲れが抜けず脚が重い感じが前日の試走でもあって気が重かったが、できる限りのベストは尽くそうと決め臨む。
序盤は落車に気をつけつつポジションを上げる。前の方だと立ち上がりが楽。
メイン集団は鹿屋がコントロールしゆるゆるペース、逃げとのタイム差がどんどん広がる。途中鹿屋3人が仕掛けTTT状態になったのを集団がさすがに容認せずペースアップしたりもしたが、ここはまあついていく。
登りでポジションを下げたくなくて多少無理したのが効いてきたのか、7周目の登りあたりで脚が攣りそうな予感が。補給食をとらないと、と思うものの、この落車パラダイスの中でそんな余裕はなく、ドリンクをこまめに飲むので精一杯。今思えば補給地点で緩むんだからあそこで取れば良かった。
9周目にとうとうペースアップが始まり、登りはポジションを下げながらついていったが平坦でもゆるまない集団についていけずちぎれる。
一緒に千切れた人と回してなんとかメインに合流するがすぐに登りに入り、脚がいっぱいいっぱいでまた千切れ、今度は下りを使って集団復帰。
だが11周目の登りでとうとう脚が動かなくなり下りでも追いつけず試合終了。
ただただ力不足を実感した。
一番の問題はたぶんソリア域の弱さ、つまり筋力の無さだと思うが、それだけだとは思えないというか、もっと本質的な何かが足りない気がするので、今後の練習方針含めていろいろ考えていこうと思う。
水田さん、生駒、中野、和泉、秋山、金子、貫名、植田はサポートありがとう。おかげで持てる力は出し切れたと思います!
宮崎OBは運転と応援、小藤OBは応援ありがとうございました。
そして監督、運転とアドバイスありがとうございました。
次はこんな不甲斐ない結果に終わらないよう頑張ります。