UTokyo bicycle racing team

山中湖

11/3

山中湖Cycling Classic

前日少し体調がよくないのをひきずって調子が良いわけではなかったが試走とアップを済ませてスタート。1周ローリングがあると走るのに慣れられるし身体もいい感じにあったまるので好き。最初のペースは全然速くない。緩やかな坂が長いコースのせいもあるだろう。できるだけ真ん中は避けて端にいるようにして、上がれるところは少し上がるようにしたが、道幅が狭まるところでビビって後ろに下がる、を繰り返し集団後ろが定位置になってしまう。一周目はちぎれることはなかったが、二周目の下りに入るところで三人ほど前で中切れが起きて下りで回して2分くらいで追いついた。三周目も同じパターンで、今度は5分くらいかかる。ここらへんで脚に結構来てしんどくなる。四周目はさらに離れてしまい、登りに入るところでようやく追いつく、という感じだった。五周目の登り、ペースはそんなに速くないが、さっき脚をだいぶ使ったのが大きく、ちぎれる。そこから5人ぐらいで回したが差は開くばかりで10周DNF。

ペースが速くないにもかかわらず早々にちぎれたのは明らかに下りから平坦を前に追いつくために相当踏んでいるから。登りでは集団だと思っていたのに下りに入るタイミングで5mほど空いてしまった。もっと登りで前にいないとダメ。三周目以降は脚的に登りで上げるのが不可能だったが、一周目、二周目に関しては脚には余裕があったのでもっと前に出なければいけなかった。流れを見ながら少し前に上がるのはできた気がするが、そのポジションをキープするのができなかったから少し前に行き、少し後ろに行き、結果変わらないということになってしまった。もっとがつっとポジションあげること、ポジションを落とさないようにすることが課題。