UTokyo bicycle racing team

福島合宿
8/7
めちゃくちゃ量の多い練習。最後までやりきった。ソリアで勝ち越したのはよい。福島の涼しさ、練習しやすさに驚き。
8/8
ペース走の最初の10分が、既に100キロ走った後のようにきつく今日は練習になるのか?と思ったが、走っていたら途中から回復してきて元気になった。距離を追うごとに足が削れてきて距離爆弾炸裂を迎える、というこれまでの感覚からは全く違う、不思議な感じ。距離の檻から抜け出す方向に向かっているのかもしれない。ペダリングを改善したりした成果だと嬉しい。
今回感じたこと
登りで、置いていかれた時に前の人に注目するあまり自分の走りが破茶滅茶になってしまい推進力がなくなっている。登りは人の後ろに着くメリットが小さく自分がどれだけ出せるかなので注目すべきは他人の動きよりむしろ自分。この辺は平坦系と別の考え方で行くべき。

今回の合宿で練習を見ていただき自分達の負担を減らしてくださった谷さん、ありがとうございました。練習をまとめてくださった平山さんもありがとうございました。あと、宿をとった木村さつきや車を出してくれた千葉もありがとうございます。自分は何にもやらなかったのでせめて脚だけでもパワーアップしていてほしいです。