UTokyo bicycle racing team

日曜:行田クリテリウム第3戦 7位。
残りの試合数とメンバー的にここで昇格する意気込みで臨んだ。作戦としては初めの数周で少人数の逃げをつくりそのまま逃げ切る。2周目のコーナーあけで集団からとびでて2,3人の逃げができたがうまく回らず向かい風区間で一人になり残り7周をひとりで逃げ切るのは難しいだろうと考え集団に吸収される。その後も何度か集団から飛び出してみるがついてきてくれる人がいなかったor飛び出すスピードが不十分で集団がついてきてしまうの繰り返し。集団のスピードも全くあがらずサイクリングペースで8周目まで淡々と進み、そろそろ誰か仕掛けるだろうと思っていたら9周目の向かい風区間で案の定首都大が1人仕掛ける。ここで微妙に反応が遅れ先頭5,6人から千切れてしまう。いつもならここで諦めていたが今回は何とか踏ん張り横風区間で緩んだ集団に追いつく。そして最終周、横風区間での東海の2人の仕掛けに反応する際隣の東洋の選手と接触しまたもや遅れてしまう。これが致命傷となり、先頭に追い付いたのはトンネルあけのコーナー付近で結局5番手で最終コーナーに入ってしまい最後気持ちが折れて後ろ二人に抜かれゴール。
これまでは強い選手の牽きに後手後手でついていき最後脚が持たなくなって終了といった展開ばかりで、レース中に自分から動いたりして積極的にレースに絡むといった経験がなかったので、今回のような試合では正直言ってどのように動けばよいのかわからなかった。下手に集団を牽きすぎると後半脚がなくなるのではないかといった不安からほとんど集団のペースをあげるような動きはしなかったが、他大のブログを見るに集団後方はかなり楽だったようで、昇格した2人も全く前に出てきてない選手だった。ローテに加わっているからには集団のペースをあげコーナー立ち上がりをきつくし集団後方にいるメリットを減らすような何らかの動きをすべきだった。レース中にどういった動きをすべきなのかは結局レースで試してみないと分からないことなので、これからはもう少し大胆にあれこれやっていきたいと思う。
行田までのせて頂いた慶応の皆さんありがとうございました。
月曜:通学。
火曜:通学、筋トレ。久々の筋トレなので分量少なめ強度高め。
水曜:久々の筋トレで案の定ひどい筋肉痛なので休養。