UTokyo bicycle racing team

パフォーマンス自体は良くなかったが、後半に向かって徐々にコンディションが上がっているのを実感できた。残り1週間、ぐいーーーんと調子が上向きに転換する予感、というか願望。苦手部分の影響を最低限に抑えかつ自分の技術や直感を頼りにすれば、木祖村という特殊なコースにおいては上手く走れると思う。自分との対話、これ大事。
この1週間は「単位<練習」でいく。カッコつけたけど、ただの現実逃避。